雛人形の飾り始めと片付け時期!注意点と理由についても調査!

毎年3月3日に行われるひな祭りは、女の子の健康と幸せを願う日本の伝統的な行事です。この日には、雛人形を飾る習慣がありますが、その準備には適切な時期があります。特に注意点として、飾りつける時期に相応しくない日もありますのでご注意ください。片付け方についても書いていますので参考にされてください。

目次

雛人形の飾り始めと片付け時期

雛人形を飾り始める時期に厳密なルールはありませんが、多くの家庭では立春(2月4日頃)からひな祭りの1週間前までに飾ることが一般的です。飾る際は、朝から昼にかけての時間帯が好ましいとされています。これは、この時間帯が陽の気が強く、雛人形に良いエネルギーをもたらすと考えられているためです。また、飾る日には、大安や友引など吉日を選ぶと良いでしょう。逆に、3月2日は「一夜飾り」として避けるべき日とされています。

雛人形の片付けは、ひな祭りが終わった直後に行うのが望ましいです。これは、雛人形を長く飾りすぎると女の子の良縁に影響があるとされる伝統的な信念に基づいています。また、雛人形は湿気やカビに弱いため、早めに片付けて適切に保管することが重要です。

雛人形を片付ける際の注意点

  1. 晴れた乾燥した日に片付ける。
  2. ほこりや汚れを丁寧に拭き取り、乾燥させる。
  3. 専用の箱や袋に入れて保管する。
  4. 湿気や温度変化の少ない場所で保管する。

雛人形をしまう際には、カビ防止のために外に出して湿気を取り除くことが大切です。ホコリを落とし、小物が紛失しないように注意し、次に飾る時のために順番通りに整理することがポイントです。安全に保管し、次回の展示がスムーズになるためには以下の方法を実践しましょう。

まず、雛人形はもともと入っていた箱に戻すことが基本です。特に多くの人形が含まれる段飾りは、間違いがないように丁寧に収納することが重要です。配置を忘れないためには、飾る際に人形の配置を写真に撮っておくと良いでしょう。この写真を参考にすれば、正確に収納できます。また、箱には人形を守るための防虫剤を入れることも忘れないでください。

小さな装飾品は、紛失を防ぐために小箱やジッパー付きの袋に入れて保管する方法もあります。特に子供がいる家庭では、これらの小物をおもちゃと間違えることがあるため、飾る際には数を確認し、しまう時にも全て揃っているかをチェックすることが大切です。

人形に付着したホコリは、カビやダニの原因となるため、柔らかいブラシや羽根ハタキで慎重に取り除きます。ホコリを払った後は、人形が箱の中で動かないように和薄紙で包み、破損を防ぐために箱の空間には丸めた紙を詰めて固定します。特に顔や髪の部分は、細心の注意を払って薄紙で包むことが望ましいです。

雛人形は、昔から災厄を取り除くためのひとがたとしての役割を持っています。そのため、雛人形をしまう作業は、ひとがたを川に流す行事と同じくらい大切な意味を持っています。雛人形が持つ重要な役割に感謝しながら、丁寧にしまいましょう。しまい方に不安がある場合は、以上の点を参考にしてください。

Sponsored Link

雛人形の意味と歴史

雛人形は、子どもの幸せと健康を願うために飾られます。その起源は、中国の上巳の節句にまで遡ります。この節句では、災難を人形に移して川に流すという風習がありました。日本では、これが「流し雛」として行われるようになりました。平安時代には、貴族の子どもたちが人形で遊ぶ「ひいな遊び」が流行し、これが現在の雛人形の飾り方へと発展しました。江戸時代には、3月3日がひな祭りとして定められ、女の子の成長と健康を祝う行事となりました。

Sponsored Link

雛人形の購入時期と理由

雛人形の購入は、直前でも可能ですが、早期注文には特典が付くこともあります。オーダーメイドの場合、制作に1~2ヶ月かかることがありますので、余裕を持って注文することをお勧めします。

雛人形は、平安時代に紙で作られた「ひとがた」に由来し、子どもの災厄を身代わりになるという意味があります。また、赤ちゃんの健やかな成長を願うお守りとしても飾られています。

まとめ

雛人形は、女の子の幸せと健康を願う大切な家宝です。立春頃から縁起の良い日に準備し、ひな祭りが終わったら早めに片付けることが大切です。天気予報とスケジュールを見ながら、丁寧に扱い、長く美しく飾れるようにしましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次