足利花火大会2023の混雑状況!駐車場穴場スポットやアクセス!

栃木県足利市で開催される、北関東では1番古い歴史を持つ花火大会です。市内を流れる渡良瀬川と言う川の河川敷で、毎年8月の第1土曜日に開催されています。毎回20000~30000発もの花火が打ち上がるので、県内やその周辺だけでなく都内など遠方からも現物客が大勢くるため、当日は本当ににぎわいます。数年前はオンラインゲームとのコラボレーション花火も打ち上がったことから、例年よりも更に見物客は多かったそうです。

目次

足利花火大会2023の混雑状況

混みます、本当に混みます。今は引越してしまいましたが、地元民だった私も会場へ出かけたのは子供の頃に1~2回きりです。当日はお昼を過ぎると色々な所から見物客がやって来て、開始時間までの時間をつぶすために市内のデパートや商店街にぞろぞろ現れます。車で来る人も多いのでどこの駐車場もいっぱい…、普通に買い物しに来た人にとってはちょっと大変な感じでした(お互い様なので仕方ないですが…)。特に屋台が並ぶ辺りは行列がすごかったです、暑いせいかみんなゆっくり歩くので、いつもより時間がかかる感じです。

足利花火大会2023の混雑回避の方法

1番なのは打ち上げる場所から離れた所で見物することだと思います。会場に近い辺りに高層ビジネスホテルがあるので、そこの高層階を予約すれば窓からでも見られるはずです。ただ毎年人気なのでかなり早めに予約しないとまず取れません。基本的に当日「少しでも近い所で、外で見物したい」と言う人は混雑は避けられないと思っていて間違いはありません。

公共交通機関を使って足利花火大会に行かれる際には、必ず帰りのチケットに関しては事前に購入しておかれることを強くおすすめします。花火大会が終わって帰る際には相当混雑しますので、チケットを購入するのはかなり困難になってきますのでご注意ください。

Sponsored Link

足利花火大会2023の駐車場

市内の小学校や体育館などの公共施設、デパートなどが当日駐車場として開放されるようです。それなりの台数が止められるようですが、当日は混雑するので、打ちあげる場所にほど近い所はすぐ満車になると思います。1台の空きもなく駐車されるので、接触事故などには注意した方がいいです。「狭い駐車場は不安」「ぶつけたりぶつけられたりしないか心配だ」と言う人は車でくることはやめて、電車などの交通機関を使った方が安全です。

akippa(あきっぱ!)を使えば、事前に駐車場を安く確保することができます!
使い方は簡単です。
上記のページを開いて、目的地を入力すると、akippa(あきっぱ!)専用の予約駐車場が表示されます。
スマホからでも簡単にできますので、一度、確認してみてください。

Sponsored Link

足利花火大会2023の穴場スポット

花火を楽しめる穴場スポット

Sponsored Link
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次