カフェと喫茶店の違いとは?コーヒーショップとの関係も!

カフェと喫茶店の違いについて気になったので調べてみました。色々調べてみてわかったことがあります。令和3年6月に食品衛生法が変更されたため、それまで別々だった営業許可が統合され、実質、カフェと喫茶店の違いというものは法律上はなくなった形となります。ただし、2021年6月以前までは、カフェと喫茶店については、アルコールや調理にに関しての違いがありましたので、結局は区別するのがややこしい形になっているようです。また、コーヒーショップとの関係についても書いていますので参考にしてみてください。

目次

カフェと喫茶店の違い

著:空想喫茶トラノコク
¥1,650 (2024/05/18 21:06時点 | Amazon調べ)

カフェの法的な定義とは!

2021年(令和3年)6月以前までは、一般的に、カフェは、コーヒーや紅茶などの飲み物やを中心として、ケーキやサンドイッチなどの食べ物を出すお店として定義さえていました。
ちょっと分かりにくいんですが、営業区分としてはカフェは「飲食店営業」に分類されていました。
飲食店営業ということは、お酒の提供も可能ですし調理全般ができるということでした。
カフェを開くには、「飲食店営業許可」が以前から必要でした。

2021年(令和3年)6月1日からは、食品衛生法が変わりましたので、法律的にはカフェと喫茶店の違いは、なくなりました。
この新しい改正後の飲食店営業許可では、コーヒーや紅茶だけでなく、料理やお酒も出せるようになり、ケーキやパンなども自分で調理して販売できるようになります。

喫茶店の法的な定義とは!

一方、喫茶店については、営業区分的には「喫茶店営業」となります。
2021年(令和3年)6月以前までは、喫茶店営業の場合、お酒の提供はできず、基本的に調理したものを提供することはできないということでした。
喫茶店というのは、コーヒーや紅茶などの飲み物や、お菓子やフルーツ、トーストなどの軽食を出すお店として認知され、喫茶店を開くには、国から「喫茶店営業許可」をもらう必要がありました。

しかし、2021年(令和3年)6月1日からは、食品衛生法が変わって、喫茶店単独の営業許可は廃止され、「飲食店営業許可」という一つの許可で、カフェも喫茶店も営業できるように統合されています。
ですので、法律的にはカフェと喫茶店の違いはないということになります。


ただし、2021年5月までに喫茶店の営業許可をもらっていた喫茶店に関しては、その許可の期限が切れるまでは、それまでの基準で喫茶店として営業できるようになっています。

コーヒーショップとカフェの関係

著:Business Train, 編集:Business Train
¥1,815 (2024/05/15 10:07時点 | Amazon調べ)

コーヒーショップ(Coffee Shop)は、カフェの別名です(^^;)。

ということになりますが、2021年6月1日に変更された食品衛生法に基づくと、コーヒーショップもカフェも喫茶店も同じ「飲食店営業許可」が営業するには必要ということになります。

簡単に言うとコーヒーショップ=カフェと捉えてもらってOKだと思います。
ただし、一般的にはコーヒーショップといえば、コーヒーに特化したお店というイメージがあります。
カフェということであれば、コーヒー以外の飲み物も提供されているイメージがあります。
必ずしも名称と中身が一致するとは限りませんが…。

Sponsored Link

コーヒーショップと喫茶店の関係

著:渡部和泉
¥1,760 (2024/05/11 19:27時点 | Amazon調べ)

ここまで来るとお分かりだと思いますが、何度も出てきますが2021年6月1日に変更された食品衛生法がありますので、基本的にコーヒーショップでできることと喫茶店でできることの違いはないということになります。

ですので、こちらも簡単に言うとコーヒーショップ=喫茶店と捉えてもらってOKだと思います。
コーヒーショップと喫茶店では、内容的には、できることに違いはありませんが、やはりコーヒーショップということであれば、コーヒーに特化したお店というイメージになります。
そして、喫茶店といえば、コーヒー以外の飲み物や軽食が食べられるお店というイメージが強いと思います。

Sponsored Link

まとめ

2021年(令和3年)6月1日に食品衛生法が改正されたため、カフェと喫茶店とコーヒーショップでは、できることに違いはなくなりました。いずれにおいても飲食店営業許可が必要ということになります。飲食店営業許可ですので、コーヒーだけではなく色々な飲み物(アルコールを含む)も提供できるようになりますし、お店で調理したものを提供することもできるようになります。また、新しい飲食店営業許可では、お菓子についても製造販売ができるようになっています(調査時)。
できることに違いはなくなったんですが、結局のところ、カフェや喫茶店、コーヒーショップという名前の違いはありますので、コーヒーショップであればコーヒーに特化した内容になると思いますし、喫茶店ということであれば、飲み物だけではなく軽食が食べられるお店というイメージになるかと思います。カフェに関しては、(大人の)若者向きで、インスタ映えそうなおしゃれなお店というイメージになると思います。

Sponsored Link
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次