脱毛ラボホームエディションとケノンの比較!コスパで選ぶならどっち?

Sponsored Link



脱毛器で人気の脱毛ラボホームエディションとケノンについてどちらを選べば良いのか比較してみました。性能スペックなどについてももちろん比較してますが、結局のところコスパで選ぶならどちらになるのか書いてます。脱毛ラボホームエディションとケノンはIPL 方式の脱毛ですが、比較する意味でも THR脱毛器についても調べてみました。参考にしてみてください。

目次

脱毛ラボホームエディションとケノンの比較

脱毛ラボホームエディションとケノンの比較については、脱毛方式、重量、カートリッジの交換、プローブの冷却機能、照射回数、照射面積、脱毛箇所、価格などについて調べてみました。

比較内容(結果)

脱毛方式IPL方式(両者とも)
プローブの重さケノンが軽い
カートリッジ脱毛ラボは交換不可
ケノンは交換可能
冷却機能脱毛ラボ
照射回数ケノンが最大300万回
照射面積ケノンが広い(2倍程度)
脱毛箇所全身可能(両者とも)

脱毛方式について

脱毛ラボホームエディション、ケノンともにIPL 脱毛方式となっています。キセノンランプを使った脱毛方式で、エステサロンでも採用されている方式の一つです。脱毛する際にチクッとした痛みが生じる場合がありますが、激痛ではないので耐えられる痛みの範囲です。キセノンランプの光の波長は広いため細い毛から比較的太い毛まで対応できます。色黒の人や日焼けをしている人には脱毛効果が少ない場合もあります。キセノンランプを使う際には光が直接目に入らないように専用のサングラスを使用する必要があります。全身脱毛にかかる施術時間は概ね60分から150分ほどとなっています。ケノンについてはIPL 脱毛ではあるんですがUSPLウルトラショートパルスライト方式という独自の脱毛方式をとっています。

重量について

脱毛ラボホームエディションのハンドピース(本体)の重量は277 gです

ケノンのプローブの重量は、約120gです。(総重量は、1.6kgほどあります。)

カートリッジ交換について

脱毛ラボホームエディションは、カートリッジの交換には対応していません(不要)。そのためカートリッジ交換を気にすることなく使うことができますが、30万回照射して使い切ったら終了(と使えなくなります)。

ケノンの場合はカートリッジ交換に対応していますので、追加購入することも可能となっています。家族で使う場合には、一人一人別のカートリッジにすることも可能であり、衛生的です。本体自体は半永久的に使うことができます。また、美顔器用のカートリッジを装着することも可能となっています。

プローブの冷却機能

脱毛ラボホームエディションにはプローブの冷却クーリング機能がついていますので、使用前後の冷却やジェルなどは不要です。

ケノンの場合は、カートリッジ(プローブ)部分に冷却クーリング機能は付いていませんので、脱毛の前後に保冷剤などを使用しながら脱毛する必要があります。

照射回数

脱毛ラボホームエディションは、30万回の照射が可能となっています。

ケノンの場合、カートリッジ一つで50〜300万回の照射が可能となっています。

照射面積について

脱毛ラボホームエディションの照射面積は、4.8㎠です。

ケノンの照射面積は、9.25㎠です。

1回の照射面積が広いということは、全身脱毛する際の照射回数が少なくて済むということなります。

脱毛箇所について

脱毛ラボホームエディション及びケノンの両方とも、顔、髭、わき、VIOを含めた全身の脱毛が可能となっています。

Sponsored Link

コスパで選ぶならおすすめは?

総合的なコスパで選ぶと

最新の価格は、上記の公式ページで確認できます。

定価だけで考えるとほとんど変わりませんので、どちらを選んだらいいのかわからなくなりそうですが、照射面積が広くプローブの交換も可能となっているケノンの方が総合的に考えてコストパフォーマンスは高いと考えられます。

最新の価格は、上記の公式ページで確認できます。

脱毛ラボホームエディションの場合、カートリッジの交換が不要となっていますので一人で使い切るような場合は、使い勝手がいいかもしれません。デザイン的にも可愛い感じに作ってあり、本体の重量自体も軽いので持ち運びのことを考えるとケノンよりも脱毛ラボホームエディションを選択するのもアリだと思います。

痛くないTHR脱毛器

THR脱毛器とは?

脱毛する際の痛みがほとんどない方式が THR方式の脱毛です。THRは、Thermo Heat Removerの略で、バルジ領域に作用させて脱毛をさせる蓄熱式の脱毛になります。脱毛ラボホームエディションやケノンが採用しているIPL 脱毛方式とは異なり、肌の色が濃い人や日焼けをしている部位なども脱毛できるメリットがあります。蓄熱式の脱毛方式では火傷の心配がほとんど皆無であるため、デリケートな部分の脱毛だけではなく小学生などのキッズにも対応可能な脱毛方式です。もちろん全身脱毛も可能となっています。THR 脱毛器で人気のある機種(オーパスビューティー03)についても調べてみましたので参考にしてみてください。

最新の価格は、上記の公式ページで確認できます。
公式ページの内容と Amazon などの内容を比較してみると
公式ページの方がお得だと思います(2022年4月28日現在)。

Amazonや楽天ヤフーショッピングなどで購入できるかについても調べています。

脱毛ラボ関連記事

Sponsored Link

アドセンス広告(ブログ収入)に興味のある方へ

私がいつも読んでいるメルマガの一つが、香恋さんのメルマガ!
とっても参考になるメルマガ(もちろん無料)です。
アドセンス広告(ブログ広告収入)に興味のある方にとっては、とっても有益な情報だと思います。
メルマガ登録すると、そのノウハウを具体的に解説したレポートがもらえますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次