ドキュメント72時間の温泉(無料露天風呂)!ロケ地の場所と駐車場も!

Sponsored Link



10月28日金曜日のドキュメント72時間で放送予定の北海道羅臼町にある知床半島の秘湯の場所(ロケ地)が気になったので調べてみました。その場所は地元の人だけではなく町外から来た人も24時間入ることができる無料の露天風呂となっています。この温泉の駐車場の場所についても調べています。

目次

ドキュメント72時間の温泉(無料露天風呂)

ドキュメント72時間の温泉(無料露天風呂)の名前

ドキュメント72時間で紹介された無料露天風呂の名前は
「熊の湯」です!

「熊の湯」の営業時間

営業時間は24時間営業となっていますが、地元の方が清掃される時間帯がありますのでその時間帯に関しては入浴ができません。清掃する時間帯は基本的に朝の5時から7時頃までとなっているようです。

「熊の湯」の利用料金

「熊の湯」の利用料金については、羅臼町外からの方に関しても「無料」となっています。

ただし、入浴するには「熊の湯入浴10ヶ条」を遵守する必要があります^^;

熊の湯入浴10ヶ条とは?

地元の人が、清掃管理されて愛されている温泉を町外の方にも解放されている関係もあって、みんなで守っていく温泉という意味もあって「熊の湯入浴10ヶ条」が定められています。

(一)脱衣所に入ったら何が書いてあるかよく見てよく読んでから入ってください
読む余裕がなくお急ぎの方は入浴せずお帰りください
(一)湯船に入るときは体を洗ってからさらにお湯を二、三かぶってから入ってください
(一)湯船に入って暑いと思ったら1回目はすぐに上がって上で休んでお湯をかぶりますと2回目からはあまり熱く感じません
(一)湯船に入っている人が(例えば10人いるとして)半分の人が熱いと言えば水を入れても良いが、二、三人が熱いと言ってもその人達には従わなくてもよろしいです
(一)浴場には絶対にアルコール類は持ち込まないこと
(一)湯船に水着で絶対に入ってはいけません
ここは浴場です。プールではありません
(一)誰もいない湯船に入る時 熱かったら水を出しても良いが上がる時には必ず水を止めてから上がってください 自分が入っている時 誰かが来てその人が止めるだろうという気を持たず出した人が必ず止める事
(一)ここのお湯は飲用しても体に良いので是非飲用してください
(一)湯船を掃除している時は手伝いをして下さい
手伝いも出来ないくらいお急ぎの方は入浴しないでお帰りください
(一)ここのお湯は二、三回繰り返し入りますとすごく温まり回りますのでゆっくり疲れを取ってお帰りください

羅臼町、羅臼町観光協会、熊の湯愛好会

上記は、熊の湯の現地の看板に掲載されている「熊の湯入浴10ヶ条」をそのまま書いています。
みんなで、守って行きたい温泉ですね。
「熊の湯」を管理されている地元の皆さん、ありがとうございます。

Sponsored Link

ドキュメント72時間の温泉(無料露天風呂)のロケ地の場所

ドキュメント72時間の温泉(無料露天風呂)の住所

ドキュメント72時間で紹介された無料露天風呂の住所は、
〒086-1822 北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
です。

ドキュメント72時間の温泉(無料露天風呂)の地図・アクセス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次