日産e-4ORCE CM車種の名前(アリア)!販売時期と価格はいくら?

Sponsored Link



木村拓哉さんが運転されている日産e-4ORCE(イーフォース)の車の車種について気になったので調べてみました。木村拓哉さんが運転している車の名前、価格や販売時期などについても気になったので調べています。
なんとすでに注文可能となっていますので、購入することは可能です!
アリアは、海外でもCM 展開しており、世界的にも販売が開始されているようです。いつのまにこんな素晴らしい車を作っていたんでしょうね。早く試乗してみたいですね。

目次

日産e-4ORCE(イーフォース) CMの中身

車の名前(車種)

日産の新型EVクロスオーバー「アリア」です。

型式:2021年11月12日に公式に発表されているのは、日産アリアB6です。2WDの場合、最大航続距離は470kmとなっていますので、実用的な面も十分ですね。

販売時期

2021年11月26日金曜日から受注を開始されてあります。オンラインオーダーにも対応予定とのことですので、ネットで商談をしたり契約をすることまで可能となっています。詳細は、公式ホームページでも確認できます。

Sponsored Link

購入方法と価格

日産アリアB6のグレードと価格

B6(66kWhバッテリー×2WD)の価格は、メーカー希望小売価格消費税込みで539万円からになります。国の補助金が42万円ありますので、実際にはもう少し安く購入することが可能となっています(調査時)。
アリアには、B6 e-4ORCE(66kWhバッテリー×4WD)のバージョン(4輪駆動)がありますが、こちらについては、まだ公式には価格が発表されていませんが、購入を検討されている方であればオンラインで確認することは可能だと思います。

木村拓哉がアリアに乗った感想

やりすぎ日産(NISSAN)の意味

やっちゃえNISSANではなく、やりすぎ日産(NISSAN)というのが木村拓哉さんの感想です!木村拓哉さんがなぜこのような感想思ったかと言うと、試乗された時の天候が大雨だったということもあります。大雨の中である程度スピードを出した状態でコーナーを曲がっても全く滑らないし、快適にアリアをコントロールすることができたということです。日産のe-4ORCE(イーフォース) の技術というのは、四輪のブレーキを電子制御で微妙にコントロールしながら走行することが可能となっているため、プレミアムスポーツカーにも匹敵するかもしくはそれを凌ぐ運転性能をもたらすことができると関係者はコメントされています。四輪ブレーキを個別に制御したりトルク配分を電子制御しているため雨の中や雪の中でもドライバーが安心して運転できるように設計されている夢のような車です。こうなってくると雪の日に試乗してみたいですよね。

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる