イヤーマフ聴覚過敏の子供用!おすすめブランドと価格はいくら?

Sponsored Link



イヤーマフ(Earmuffs)には、寒さから耳を守る防寒機能を重視したものと、騒音や雑音などの音をコントロールする遮音性を重視したものがあります。特に聴覚過敏のある子供さんにとってはイヤーマフは必須アイテムといってもいいぐらいの便利グッズです。

今回は、聴覚過敏の子供用におすすめのイヤーマフ(Earmuffs)のブランド、購入方法、価格、特徴(スペック)などについて調べてみましたAmazon や楽天ヤフーショッピングなどで人気のイヤーマフ(Earmuffs)についても調べていますので参考にしてみてください。

目次

イヤーマフとは?

使用目的

聴覚過敏の子供さんの場合、大きな音や特定の音を不快に感じたり、痛みと感じるようなことが生じると言われています。また、赤ちゃんや小さい子供を持つお母さんであれば、コンサートやライブへ一緒に子供を連れて行く場合、赤ちゃんや子供の耳に大音量で長時間の音が入ってくることになります。普通に考えても、あまり良い状態とは言えませんし、大人の耳に比べて赤ちゃんや小さい子供の場合は特に聴覚への影響が心配されます。

このような場所へ連れて行った経験のあるお母さん方はわかると思いますが、赤ちゃんが泣き出したり、不機嫌になったりすることが多いと思います。

イヤーマフ(Earmuffs)を防音対策として使用する目的としては、聴覚過敏の子供さんに不快な音が入らないようにすること、赤ちゃんや小さい子供の耳を大音量や騒音などから守るための道具(必須アイテム)と考えればいいと思います。

もちろん、普通の方が防音対策に用いる場合もあります。何らかの理由で外部の音が気になる時や、静かな環境を作りたい場合などには強力な防音機能付きのイヤーマフを装着すれば一気に解決します!

ちょっと重いですが、遮音値(NRR)が31dBという、業界トップクラスのイヤーマフです。業務用にも使われています〜!

Sponsored Link

イヤーマフ聴覚過敏の子供用

イヤーマフの種類

アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)とパッシブノイズキャンセリング機能(PNC)の二つに大きく分けられます。
アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)を使っている有名なものには、(イヤーマフではありませんが)AirPods Proなどがあります。ANCは、騒音などの音に逆位相の音を当てることで小さくする技術が使われています。ANCのメリットとしては、人の声などは、ある程度制限されますが比較的聞こえやすくなっており、できるだけ騒音のみを打ち消すような仕組みとなっています。デメリットとしては、一定時間すぎると充電が必要となる点です。
もう一つのパッシブノイズキャンセリング機能(PNC)は、イヤーパッド、イヤークッションなどを使って物理的に音を遮断する仕組みです。簡単に言うと、耳を手で塞ぐような感じです。ですので、PNCの場合、全ての外部の音が一定程度、遮断されることになります。

選び方

子供用のイヤーマフであれば、アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)のものよりは、電池切れなどを心配する必要もありませんので、パッシブノイズキャンセリング機能(PNC)で基本性能がしっかりしているものがおすすめです。

選び方としてはまず遮音性能についてです。どの程度の遮音が必要なのかは個人によって異なると思います。何が何でも完全者を目指す場合は遮音性能の高いものを選ぶ必要があります。
ただし、遮音性能が高いイヤーマフはそれなりに大きいものとなってしまいますので、長時間つけるのには不向きなものが多いです。

大人の方であれば、体調などによって遮音が必要な場合とそれほど必要でない場合もうあるということで、遮音性能が異なるイヤーマフを使い分けている方もいらっしゃいます。

子供用のイヤーマフを選ぶ場合は、遮音性能と装着感の二つを考慮して、子供の聴覚の状態合わせたイヤーマフを選ぶ必要があります。

おすすめブランド

総合的には、「3M Peltor」がおすすめ。
赤ちゃん用には、Banz(バンズ)がおすすめです。

おすすめブランドとしては3M Peltorです。Peltor社は、元々はスウェーデンで1950年に創業した歴史ある会社です。2007年にスリーエムの傘下となっており、世界中で愛されているトップブランドの一つです。

スペック(特徴)

基本的に、パッシブノイズキャンセリング機能(PNC)のイヤーマフです。スペックについては、赤ちゃん用は耳の締め付けがソフトでありながら遮音性があるように作ってあります。重さに関しては、遮音性が高いものは、どうしても重くなります。軽いものは、200gを切るものもありますが、軽いものは遮音性が低くなりますので、その兼ね合いが選ぶポイントになります。装着感を考えながらになりますが、人によって頭の大きさも異なりますので、選ぶ際にはレビューも参考にしながら選んだほうが無難です。素材は、ABS、ポリウレタンなどが使われています。ある意味、消耗品と考えて使用することをおすすめします。

購入方法・価格

赤ちゃん用

生後3ヶ月から24ヶ月の子供(ベビー)が対象です。赤ちゃん用には、この商品一択でいいかもしれません!

小学生から中高生用

信頼のブランド3M Peltorの子供用イヤーマフです↑↑

遮音値 NRR22dBであり、デザイン的にも人気があります。レビューでの評価も高いイヤーマフです!

NRR25dB(SNR30dB)です。対応年齢は、2〜15歳程度です。こちらも人気のイヤーマフです。

電池不要なイヤープラグ

dBud(ディーバッド)

AirPods Proとは異なり、独自開発されたアコースティックフィルターとボリュームスライダーを使って、手動で音量調整が可能なイヤープラグです。アナログ設計となっているので、充電することも不要で電池の消費などを気にすることがなくなります。見た目も普通にイヤホンをつけているような状態ですので、すっきりとしています。本当によく考えられた製品だと思います。

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる