がっちりマンデーで紹介の呼び込み君!購入方法と価格はいくら?

Sponsored Link



がっちりマンデーで「呼び込み君」が紹介されます。買い物していると聞こえてくる買いたくなるような呼び込みの音声自動的に再生してくれるバカ売れマシンで、専用の BGM の再生や前に録音した商品説明などの音声を使って読み込みをしてくれる画期的なマシンです。開発されたのは2000年で、すでに4万台以上が出荷(2018年現在)されてますので、まさに人気絶大と言って良いマシンです。

がっちりマンデーで紹介された「呼び込み君」の購入方法や価格、スペック(特徴)について調べてみました。他のメーカーの類似品についても調べています〜!

目次

がっちりマンデーで紹介の「呼び込み君」

今では、当たり前になっていますが、以前はカセットテープなどに録音された呼び込み音声を、店内でずっと流すという形になっていました。ところがカセットテープは何回も繰り返し再生しているとテープが劣化してきますので、音声自体も聞き取りにくくなります。そこで開発されたのがこの IC レコーダーを採用した「呼び込み君」です。開発当時はまだカセットテープレコーダーが使われていた時代なんですが、やはり画期的な商品ということで、未だに売れ続けロングランとなっています。

ちなみに、カセットレコーダーとは、こんなものです。

まだ、販売されているんですね〜!
私も、お気に入りの音楽など、多数持っているんですが、今では完全にお蔵入りとなっています^^;

ブランド名(製作会社)

「群馬電機株式会社」です。

設立されたのは1968年の12月です。1969年からはカセットテープレコーダーの生産を開始されており、オリジナルの自社製品をいろいろと販売されています。今回がっちりマンデーで取り上げられた呼び込み君については2000年の11月に販売を開始されています。「・・心のこもった商品にすることをめざしている・・」ということも会社の理念にあって「呼び込み君」の開発につながったんだと思います。

商品名・型番

商品名は、「呼び込み君(POP付き)」です。
型番は、MC-F05

ミニサイズのものもありますが、今回がっちりマンデーで紹介されたものは呼び込み君 POP 付きだと思います。

スペック・特徴

呼び込み君(POP付き)のスペックですが、本体の大きさが幅21 cm 高さ21.5 cm 奥行きが8.2 cm となっています。本体重量は約1.2 kg で電源は AC 100 v 電源消費電力は約14 w です。音声出力は最大で2ワットで、人感知センターが搭載されており感知距離は約0から3 m となっています。メッセージ録音再生機能はチャンネル数が2チャンネルあって各チャンネル最大90秒間の録音再生が可能。BGM 再生に関しては専用 BGM カードチャンネル数が2チャンネルでBGMは、録音済みです。再生時間は各チャンネル約90秒間。付属品としては BGM カード標準パネルセットがついております。パネルセットの内容は、「店長おすすめ」、「営業中」、「SALE!」です。

購入方法・価格

Amazon や楽天 Yahoo ショッピングなどで購入することが可能です。

呼び込み君ミニ(↓↓)もありますが、こちらは業務用というよりは、個人で楽しむことを目的に作られているのかもしれません。業務用としては、やはりAC電源対応も「呼び込み君」が良いと思います。ドンキなので流れている、あの音楽を自宅でも楽しみたいという方もいらっしゃるので、こちらも人気があります〜!

Sponsored Link

「呼び込み君」の類似品

PIR 赤外線モーションセンサー

自宅用に使っている人も多い製品です。色々な使い方がされていますのでアイディア次第で活用できるアイテムです。こちらの製品はどちらかと言うとお店で使うというよりは個人的に録音したもので他の人の行動を誘導するような目的で活用されています。Amazon に記載されているレビューを見るとかなり参考になると思います。

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる