チェーンレス電動アシスト自転車Honbikeの価格と購入方法!

Sponsored Link



ネットなどでは以前から話題になっていたチェーンのない自転車がついに登場しました。チェーンレスの電動アシスト自転車ですのでチェーンが外れる心配は全くありません(チェーンが無いので^^;)。Honbike(ホンバイク)は、日本の企業であるクリックホールディングス株式会社が、中国の自転車メーカーであるHONGJI(洪記両輪)に依頼して完成させた画期的な自転車です。

チェーンレス自転車の仕組みですが、シャフトドライブ方式という方法を採用しています。四輪駆動の自動車のドライブシャフトや、トラックなどのドライブシャフトを思い起こしてもらえればわかると思います。

ちょっと話が逸れそうになりましたが、チェーンレス電動アシスト自転車Honbike(ホンバイク)の価格や購入方法について調べてみました。

目次

チェーンレス電動アシスト自転車Honbikeとは?

機能性と美を兼ね備えたチェーンレスの電動アシスト自転車がホンバイクです。2020年のグッドデザイン賞では、ベスト100に選ばれています。5段階の電動アシストができる機能があります。

アルミ合金ダイカストフレーム使用

動画にもあるように、アルミ合金ダイカストフレームを使用しており原材料の無駄がありません。そしてアルミ合金を使っているため重量が軽いというメリットがあります。

そのメリットは他にもあり、97%リサイクルが可能で、さらにモジュール化をされているため組み立て効率がアップしており溶接痕というのは全くありません。まさに見た目が美しい自転車でもあります。

高速ハブモーターを使用

ゼンリンには高速ハブモーターを使用してあります。高速羽生モーターというのは高速電動バイクでよく使われているものなんですが、安全で信頼性が高いものになります。高加・速高トルクの出力が可能でありながら小型で低ノイズと言うメリットがあります。

クローズ式シャフトドライブ

クローズ式シャフトドライブが採用されているため、自転車をこぐ時などに服を巻き込んだりする心配がありません。もちろんチェーンはありませんので、チェーンが外れる心配もなくメンテナンスが格段に楽になっています。

マグネシウム合金ホイール使用

自転車のホイールにはマグネシウム合金を使われているため、頑丈で耐久性があり、変形せずメンテナンスも楽になっています。製造工程でも作業が簡単なため手間が省けるメリットがあります。強度が要求される薄型のノートパソコンなどではマグネシウム合金が使われています。またマグネシウム合金は軽いというメリットもありますので、まさに電動アシスト自転車にはもってこいの素材です。タイヤの大きさは20インチのタイヤになっています。

取り外し可能なバッテリー

電動アシストに必要なバッテリーですが、取り外しが簡単にできるようになっています。バッテリーの充電は個別にできますので、長距離走行を考えている場合などには予備のバッテリーを準備することも可能です。

スマートジャイロスコープ搭載

スマートジャイロスコープというものを搭載していますので、上り坂や下り坂などを自動的に検知し適切にアシストしてくれる仕組みになっています。自転車の傾きに関しても検知しますので、もし15度以上傾いた場合は安全機能が働いてアシストをストップするような仕組みにもなっています。

コンパクトに折り畳み可能

コンパクトに折りたたむことが可能で、ハンドルや車体を折りたたむことで、車のトランクに入れて運ぶことも可能となっています。旅行先で電動アシスト自転車を使おうという考えがある場合は本当に助かる機能です。

Sponsored Link

チェーンレス電動アシスト自転車Honbikeの価格

定価

通常価格は税込みで28万8000円なんですが、期間限定(6月末)価格が別に設定されています。

期間限定にはなるんですが、先着で定価の47%から65%オフで車両本体が購入可能です。

詳しくは購入方法↓↓で説明します。

チェーンレス電動アシスト自転車Honbike購入方法

2021年6月現在では、まだ一般発売されていませんのでMakuake(マクアケ)から購入する必要があります。

マクアケでの販売期間は6月末日までとなっています。そして、先着で購入できる数量限定システムとなっています。そのため完売となる可能性もありますので購入を考えている方の場合はしっかり確認したほうが良さそうですね。すでに2021年4月末までの注文の場合、2021年の7月に自転車が配送される予定となっています。5月以降の注文の場合は2021年の8月末からの順次発送予定ですので、かなり人気の商品であるということがわかります。

チェーンレス電動アシスト自転車Honbikeの購入サイトはこちらです。

チェーンレス自転車の他のメーカー(類似品)

探してみると、あることにはありましたが・・・。

この画面では分かりにくいと思いますので、詳しい内容については Amazon のページ等で確認してみてください。

一応 Amazon では電動自転車に分類されてはいるんですが、ペダルはないので厳密には原動機付自転車いわゆる原付に分類される可能性もあります。

あと1〜2年(2022〜2023年ごろ)ぐらいすれば、チェーンレスの本格的な電動アシスト自転車が日本のメーカーからも気軽に買えるようになるかもしれませんね!そこまで待つかどうかの問題ですが…。でも、今回のHonbikeは、欲しいですね〜!

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる