カンブリア宮殿の車コーティング剤!購入お取り寄せ価格はいくら?

Sponsored Link



カンブリア宮殿で紹介される車のコーティング剤について調べてみました。自動車のコーティングでは全国的に有名なKeePer(キーパー)技研株式会社(創業者は谷好通氏)が実施するコーティング技術によって、1年間効果が持続するということです!ガソリンスタンドなどでよく見かける「KeePer」というコーティング技術は、やっぱりすごかったんですね。今まで、一度も利用したことがなかったんですが、今回の放送を機にさらなる新規利用者が急増するのではと思います。放送終了した翌日には、予約でいっぱいになっているかもしれませんね〜。
今回、KeePer(キーパー)技研株式会社の自動車のコーティング剤の購入方法や価格について気になったので調べてみました。Amazonなどのネットで購入できる自動車用のコーティング剤についても調べています〜!

目次

カンブリア宮殿の車コーティング剤

プロ用ばかりではなく、自宅で使用できる自動車用のコーティング剤が販売されています。私も、今回の放送で調べて初めて知ったんですが、知る人ぞ知る優れものの製品のようです。

ブランド名(会社名)

KeePer(キーパー)技研株式会社」です。

商品名・型番

コーティングする前に使う製品(クリーナー類)、コーティング剤などがありますが、ここではネットで人気のあるコーティング剤をあげています。その他の製品について、下の方にまとめています。

キーパーファイナル1

一般販売されているキーパーブランドのケミカル製品です。この製品はドイツの sonax との共同開発されているものがあり複数の特許が入っている製品になるとのことです。ちなみにキーパーファイナル1では、特許番号第3058784号が使われています。キーパーファイナル1はポリマーコーティング剤であり、車の色を選ばないオールカラー用となっています。

特徴・スペック

内容量は420ミリリットルです。車の色を選ばないコーティング剤となっています。成分としてはハイドロカーボン、ポリマーレジン、シリコン化合物などが入っています。使い方としては、まず最初に前洗いを行い綺麗な状態にしてからキーパーファイナル1を使います。短時間で作業することができますので、おおよそ10分程度で仕上げることも可能です。何回も繰り返して使用することで塗装が良くなる塗装面改善の方向性を持っている製品です。

Sponsored Link

購入方法・価格

KeePer(キーパー)技研株式会社が関連している代表的な人気商品についてピックアップしています。経年劣化している車の場合にはコーティング前の処理を行ったほうが圧倒的にコーティング剤の効果が高くなります。綺麗な車の場合には、洗車後にそのままコーティングをするということも可能ですが、やはり汚れがついていたり鉄粉などが付いている場合には、コーティングする前の下地処理が重要となっています。ちなみにダイヤモンドキーパーシリーズの作業マニュアルはこちらです。

おすすめは、「爆ツヤ」⇨「ベースアップ2」⇨「ダイヤモンドキーパーケミカル」⇨「レジン2」です。でも、ここまで自分でやるとなると、かなり大変だと思います(仕上がりは、相当すごいことになると思いますが〜)。経費節減になりますが、自分で施工する自信がない方はプロにお任せした方が安心かもしれませんね〜。

爆ツヤ(コーティング前処理)

キーパーファイナル1やホワイトロンなどのコーティングを行う前の処理に使えます。車の色を選ばないためどんな色の車にも使えます。洗車をした後に一番最初に行う工程がこの「爆ツヤ」を使った処理です。

ホワイトロン(ホワイト車専用)

キーパー(KeePer)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

白い車専用のポリマーコーティング剤です。キーパーホワイトロンはホワイト車用であり、ファイナル1の水垢取り効果を倍増させたものがホワイトロンとなります。塗装面改善効果についてはファイナル1と同様の方向性を持っています。内容量は、480ミリリットルです。ホワイト車に乗っている方であればこちらのホワイトロンがおすすめです。

ベースアップ2(下地調整剤)

キーパーファイナル1やホワイトロンを使う前の下地調整剤として開発されています。人のスキンケアに例えればファンデーションの役割をするものです。車の塗装の微細なキズを埋め経年車の塗装に深みのあるツヤを与えますので、レースアップ2を施工後にキーパーファイナル1、ホワイトロンを使うとコーティング剤の定着が格段に良くなります。

ダイヤモンドキーパーケミカル+レジン2セット

ダイヤモンドキーパーケミカルは、最高級品質のツヤと光沢を出すボディガラスコーティング剤です。この製品はドイツ sonax 社との共同開発商品となっており塗装を傷める成分を一切含まないため安全に施工することができます。作業の流れとしては、洗車を行った後ガラスコーティング(ダイヤモンドキーパーケミカル)を行い、その後でレジンコーティングを行います。かなり本格的なコーティングが家庭で行うことができます。

関連記事

カンブリア宮殿の石鹸とシャンプー

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次