透明コーヒーとは?作り方や販売店をヒルナンデス!で紹介?

Sponsored Link



藤田ニコルさんがヒルナンデスで紹介された「透明コーヒー」が気になったので調べてみました。「透明コーヒー」とは、どういうコーヒーなのか、自分で作ることができるのか?その作り方や透明コーヒーの販売店、価格などについても調べてみましたので参考にしてみてください。その他インターネットで購入できる類似品についても調べています。

目次

透明コーヒーとは?

英語名は?

透明コーヒーは英語では、「Clear Coffee」(クリアコーヒー)です。
そのままですが、商品名としては、「CLR CFF」としても定着しているようです。

開発者

開発したのは、AdamNagyとDavidNagyという二人の兄弟です。(もちろん、世界初です!)

この二人が設立したスロベキアの会社では、透明コーヒー(CLR CFF)が2017年4月からイギリスで市販されるようになり、海外の Amazon などでは販売されていました。

2022年6月12日現在では、アメリカのAmazonやイギリスのAmazonを見ても、商品の記載はありますが、入荷待ちの状態になっています。
日本の Amazon などでは、この製品に関しては、まだ販売されていません(2022年6月現在)。

特徴

文字通り、透明なコーヒーです。見た目ではコーヒーだということは全く分からないと思います。まさに無色透明なコーヒーということになります。なぜ無色透明なコーヒーを開発したかと言うと、開発者の二人の兄弟は元々コーヒーのヘビーユーザーだったということですが、コーヒー愛飲者にあるあるの歯の着色の問題です。歯の着色を全く気にすることなく飲めるコーヒー(透明なコーヒー)ができないのか?この視点で考えられたのがクリアコーヒーということです。
見た目は無色透明なのに、飲むと美味しいコーヒーというのが理想ですが、限りなく普通のコーヒーに近い無色透明のクリアコーヒーを開発されているのが素晴らしい点だと思います。

Sponsored Link

透明コーヒーの作り方

作り方

AdamNagyとDavidNagyという二人の兄弟が開発したクリアコーヒー(透明コーヒー)については、アラビカ産コーヒー豆を使って純水で浸出して作るとのことです。作り方はいたってシンプルなんですが、詳細な製造方法などについては、色々とある(企業秘密)ようですので、自宅で再現するのはちょっと難しそうです^^;
しかし、どちらにしても基本的には、コーヒー豆と純水を使って作るというシンプルな作り方なので、コーヒー本来の味を楽しむことができるというのは嬉しいですね〜。ちなみに、防腐剤や人工香料や安定剤、甘味料などは一切含まれていないとのことです。
それにしても不思議ですよね、水出しコーヒーを作ったことがある方なら分かると思いますが、やっぱりコーヒーの色は無くなりませんのでどうやって作っているんだろうという疑問も出てきます。その部分を3ヶ月と言われる比較的短い開発期間で実施することができた二人の兄弟ってやっぱり相当コーヒーが好きなんだと思います。

透明コーヒーの販売店

販売店

スターバックスの新作ドリンク 「コーヒーエイド」透明なコーヒーと果実の新感覚を組み合わせた新作ドリンクが、2022年6月10日金曜日からスターバックスのリザーブストア及びリザーブバーで提供されるようになっています。ちなみに2022年6月10日現在で全11店舗があります。スターバックスの説明のページには、特別な方法で抽出した透明なコーヒーも使ってフルーツの爽やかな風味とクリアな味わいを加えた新感覚のドリンクであるというような説明をされています。

スターバックス リザーブ(R)ストア 銀座マロニエ通り

〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目7−3 銀座オーミビル 1F

アドセンス広告(ブログ収入)に興味のある方へ

私がいつも読んでいるメルマガの一つが、香恋さんのメルマガ!
とっても参考になるメルマガ(もちろん無料)です。
アドセンス広告(ブログ広告収入)に興味のある方にとっては、とっても有益な情報だと思います。
メルマガ登録すると、そのノウハウを具体的に解説したレポートがもらえますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次