食彩の王国の青茄子(ときがわ町)!購入方法と金額はいくら?

Sponsored Link



食彩の王国で埼玉県ときがわ町の青ナスが紹介されます。戦後に途絶えたとされる青ナス。現在では埼玉県のときがわ町で復活しており、郷土料理としても親しまれています。

まるでフルーツの味がすると言われている美味しい青ナスの購入方法と金額などについて調べてみました。

目次

食彩の王国の青茄子(あおなす)の特徴

名前

青ナスとして紹介されていますが、「翡翠(ひすい)ナス」、「緑なす」、「白なす」、「トロナス」などとも呼ばれています。

やはり青茄子の色の特徴からこのような名前がついているようですね。見た目の色がやっぱり全然違いますので…。トロなすという名前も付いていますが、これは煮込み料理などで崩れて解けるようになってしまうためにこのような名前で呼ばれています。

青なすの色は青緑色をしています。ぱっと見、青っぽいので生育途中の茄子のような印象を初めて見る人は受けると思います。

形・大きさ

一般的に流通している米ナスよりも一回り大きいです。形は米ナスと同じような形状をしています。

水分が多いため加熱調理するととても柔らかくなります。アクや苦味なども少ないためとってもフルーティーな感じがするナスです。

茄子カレーにしたら、最高でしょうね〜!美味しそう!!

種(栽培用)

青ナスを自分のところでも育ててみたいと思う人もいらっしゃると思います。ネットでも購入できるか調べてみました。

Amazon などにも同じ種類の茄子の種が販売されています。自宅で裁判することもできます!

Sponsored Link

食彩の王国の青茄子(あおなす)購入方法

ときがわ町の青ナスの購入方法について調べてみましたが、ネットでの購入は見つけることができませんでした。ただし直売所などでの購入が可能でしたので、販売所の場所やアクセスについて調べています。

価格

野菜の価格ですので変動はありますが、2個で130円から140円ほどで購入できます。普通の茄子よりも安く販売されている時もあります。

購入方法

JA埼玉中央 木のむら物産館 都幾川直売所で購入することが可能です。

定休日:木曜日

場所・・〒355-0356 埼玉県比企郡ときがわ町関堀188−1

モウダス
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる