カンブリア宮殿のカメラ(インスタント機能付き)!購入方法と価格はいくら?

Sponsored Link



7月7日放送予定のカンブリア宮殿でカメラのキタムラが特集され、おしゃれなプリント機能付きのインスタントカメラが紹介されます。このインスタント機能付きデジカメ(ポラロイド)が気になったので調べてみました。メーカー名、商品名、型番、購入方法や価格などについて調べていますので参考にしてみてください。また、同じような機能を持っているインスタントカメラについてもいくつか調べてみました。調べてみてわかったんですが結構、高機能で人気があるカメラのようです〜。

目次

カンブリア宮殿のカメラ(インスタント機能付き)

ブランド(メーカー名)

メーカー名は、「富士フイルム FUJIFILM」 です。

商品名(型番)

商品名は、「富士フイルム FUJIFILM チェキ Evo ハイブリッドインスタントカメラ」です。
型番は、「‎INS MINI EVO BLACK」だと思います。

特徴スペックのところでも詳しく書いていますが、高画質プリントアウトができるのが大きな特徴となっています。

特徴・スペック

カンブリア宮殿で放送されている内容としては高画質でのプリントアウト機能が付いているのが分かりますが、かなり高機能なスペックが搭載されています。
まず、サイズとしては36x87x123 mmで重さが285 g 。10種類のレンズが搭載されているため10種類のフィルム効果と合わせると100通りの表現ができるとのこと。スマホとの連携機能も搭載されているためプリント画像をそのままスマホに転送することもできます。microSD カードも装着できるようになっていますので画像に関しても取り出せるようになっています。カメラ好きの方にはたまらないアナログ操作感が楽しめるインスタントカメラで、レンズダイヤルやフィルムダイヤル、プリントレバーについても操作感がアナログなのでカメラ好きの方もワクワクさせるような機能が満載となっています。
その他、このハイブリッドタイプのカメラはプリントアウトする前に編集や加工もできるようになっています。スマホだけではできない機能がこのカメラには搭載されています。

Sponsored Link

購入方法・価格

ネットでの購入方法

Amazon や楽天 Yahoo ショッピングなどのネット通販での購入が可能となっています。最安値については検索先で調べることができますので最新の情報は Amazon や楽天ヤフーショッピングの検索で確認してみてください。

価格

カンブリア宮殿で紹介された富士フィルムのハイブリッドインスタントカメラについては、販売価格が2022年7月現在で3万円程度になっています。Amazon では30500円で販売されていました(2022年7月6日現在)。ちなみにこの商品はAmazon のインスタントフィルムカメラ部門でベストセラーとなっている商品です。カンブリア宮殿の放送直後には完売となる可能性もありますので、購入を検討している方はお早めに〜!

インスタントカメラ(類似品)

コダック(Kodak)Mini Shot 3

コダックのレトロインスタントカメラはかなりおすすめです。撮影した後に自分の好きな写真だけを選んで印刷することができますし、印刷する際も枠ありや枠なしの印刷機能も持っています。スマホとの連動も Bluetooth でできるようになっています。もちろん編集機能も搭載されていますので印刷する前に編集したり加工したりすることができます。デザイン的にもおしゃれですし価格に関してもFUJIFILM のものよりは安い価格帯です。Amazon などではプリント用紙が8シート入ったものがセットになって15000円程度で販売されています(2022年7月7日現在)。

富士フイルム FUJIFILM インスタントカメラ チェキ

カンブリア宮殿で紹介された富士フィルムのインスタントカメラですが、簡易版のカメラがこれになります。もちろんプリントアウト機能も搭載されています。純粋なインスタントフィルムカメラです。デジタルカメラではないです。スマホなどとの連携機能は搭載されていませんのでご注意ください。価格は1万円ぐらいです〜!

関連記事

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次