ロコだけが知っているの意味とは?ローカルとの関係も調査!

Sponsored Link



NHK の地方局が連携して作っているロコだけが知っているという番組のタイトルの「ロコ」の意味が気になったので調べてみました。ロコだけが知っているということでロコという人物がいるのかと思ってしまいそうですが、実際調べてみると全く違っていました。わかりやすいようなタイトルにするためにロコという言葉を使われているんだと思いますが、普段使わないロコという言葉、いやもしかするとロコモコなどで意外と使っているこのロコという言葉が、意外とくせ者ですね。サンドイッチマンが担当しているこの番組ですが、ナレーションの女性についても書いていますので参考にしてみてください。

目次

ロコだけが知っているの意味

意味について

ロコだけが知っているの意味は、直訳すると「ローカルだけが知っている」となります。NHK の公式ホームページでは、「NHK の地方局が連携してお送りする地元愛さくれつバラエティ!」と言うように解説されてあります。このように、地方(地元)に関係する人だけが知っている特別な情報!を「ロコだけが知っている」というタイトルにされているようです。また NHK のホームページではこの番組のことについて解説してありますが、「日本の本当の魅力は地元を愛する人たちが知っている!」ローカルへの愛に溢れる人たちを私たちはロコと名付けました。このように解説してあります。

確かに意味については分かるんですが、ではなぜ地方を意味する言葉をローカルではなくロコと名付けたのか、というところがみんな気になるところだと思います。そのことについては、「ロコ」と「ローカルの関係」で解説していますので、すっきりすると思います。

Sponsored Link

ロコとローカルの関係

ローカルの発音について

ローカルの英単語は、「local」です。それで、発音なんですが、実際に聞いてみると、まさしく「ロコ」なんです。
ちなみに、英語の発音が実際に確認できるホームページ(辞書:オックスフォードの辞書です)がありましたので参考までにローカルの発音について掲載していますので聴き比べてみてください。British English の発音とアメリカンイングリッシュの両方の発音を試聴することができますが、どちらにしても日本語の発音の「ロコ」と言う音に聞こえます^^
ということで、ロコとローカルの関係の謎が解けました!
英語が話せる人にとっては、すぐ答えがわかる問題だったかもしれませんね。

NHK「ロコだけが知っている」の放送時間

放送時間

通常の放送時間は、総合テレビで水曜日の夜8時15分から8時45分までになっています

再放送

再放送については2回ありまして、総合テレビの土曜日の午前1時20分から(金曜の深夜)と、総合テレビの日曜日の午後1時5分からの2回となっています。

ロコだけが知っている(関連記事)

ナレーションの女性

ナレーションをしている女性アナウンサーについて調べています。可愛らしい声でアナウンスしているのは「あーちゃん」です。

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる