いつ玉ねぎを収穫する?保存や乾燥のコツも紹介!

家庭で簡単に栽培でき、収穫の喜びを感じられる玉ねぎは、多くの料理に欠かせない食材です。この記事では、玉ねぎの最適な収穫時期と、収穫した後の管理方法について詳しく説明します。

目次

玉ねぎを収穫する最適な時期は?

通常、玉ねぎの収穫は春に行われます。

玉ねぎにはさまざまな品種があり、それぞれ収穫時期が異なるため、自分が栽培している玉ねぎの品種を把握することが重要です。

多くの場合、玉ねぎは3月から6月の間に収穫されます。夏から冬にかけては収穫期ではないので注意が必要です。もし玉ねぎが花が咲いてしまったら、それを指標に早めに収穫して、葉として利用しましょう。

極早生種と早生種の玉ねぎについて

極早生種は3月中旬から4月にかけて、早生種は4月から5月にかけて収穫することが一般的です。

これらは「新玉ねぎ」として知られ、市場に出回ることが多いです。

極早生種や早生種の玉ねぎは保存期間が短いため、収穫後は速やかに消費することをお勧めします。市場で「新玉ねぎ」として見かけるのは主にこれらの種類です。

Sponsored Link

中生種と晩生種の玉ねぎについて

中生種と晩生種の玉ねぎは、5月下旬から6月下旬にかけて収穫されることが多いです。適切な保存と乾燥方法を施すと、長期間の保存が可能です。

収穫後初夏に貯蔵された玉ねぎは、皮が茶色く枯れた外見をしており、これらは年間を通じてスーパーで販売されています。

Sponsored Link

玉ねぎの収穫の合図とは何か?

玉ねぎの収穫の最適なタイミングは、葉が地面に倒れた後、約1週間後に設定されます。

気温が暖かくなると玉ねぎは葉を増やし、その結果として玉が大きく育ちます。葉が倒れるというのは、玉がさらに成長を続けるため、直ちに収穫せず、さらに大きくなるのを1週間ほど待つのが理想です。しかし、玉ねぎを大きくするために長期間待ちすぎるのは推奨されません。これにより玉ねぎの保存性が低下する可能性があるため、葉が倒れてから1週間を目処に収穫することが望ましいです。10日を超える収穫の延期は避けましょう。

葉が倒れることは、「光合成による栄養が球根に十分蓄えられた」というサインです。これは球根が十分な栄養を得て準備が整ったことを意味し、適切な収穫時です。収穫を遅らせると、保存時に劣化しやすい玉ねぎになる可能性があるので注意が必要です。

玉ねぎの収穫方法と保存方法について

玉ねぎの収穫方法

玉ねぎを収穫する際は、晴天の日を選びましょう。葉が倒れた後は、プランターで育てている場合も、追加の水やりは控えるようにしてください。

玉ねぎは、スコップを使用せずに手で引き抜くことが可能です。茎の下部をしっかりと掴み、軽く引っ張ると簡単に抜けます。

玉ねぎの保存方法

収穫後の玉ねぎの保存法は、適切な乾燥方法が重要です。不十分な乾燥は内部の腐敗を引き起こす原因になるため、注意が必要です。

収穫した玉ねぎは、畝の上に横にして日に2〜3日晒すことで十分に乾燥させます。その後、葉を15cm程度残し、余分な部分や根を切り取ります。葉や根を切った後は、さらに空気の流通を良くするために吊るして乾燥させる方法が効果的です。これにより、水分の吸収が阻害され、乾燥が促進されます。

吊るす際は、カビ防止のために、葉をすぐに切らずに乾燥が進むまで待つことが重要です。茎は約5cm残してから切り、縛るときは締め付け過ぎないように注意してください。縛りが強すぎると、その部分が腐りやすくなります。

玉ねぎの吊るし方について

玉ねぎを吊るす際の方法は、通気性を最優先に考えて自由に行えますが、一般的に用いられる方法をいくつか紹介します。

主な方法としては、以下のようなものがあります。

  • ネットを使って吊るす
  • 紐を使って吊るす
  • 使用済みのストッキングで吊るす
日本マタイ(Nihon Matai)
¥777 (2024/07/05 01:11時点 | Amazon調べ)

これらの材料は手軽に入手可能で、ネットは100円ショップで購入でき、古いストッキングも再利用が可能です。

特に多くの人に選ばれているのは、紐で縛って吊るす方法です。この方法の具体的な手順について詳しく説明します。

玉ねぎの紐を使った吊るし方と乾燥方法

玉ねぎの乾燥には、2つの玉ねぎを使用します。まず、葉の部分を互いに交差させた後、その下部に折りたたんだ紐を差し込みます。 紐の一端に作ったループに、もう一端を通し、しっかりと引き締めます。 引き上げた紐の端を、玉ねぎの中心に差し込むようにしてから紐を通します。 これで1セットが完成します。同様にもう1セットを作り、両方を上部で結び合わせます。 吊るす際は、フックや物干し竿にかけると便利です。

玉ねぎを3~4個で1セットにすることも可能ですが、収穫量が少ない場合は2個で1セットにすると、通気性が向上し、効率的に乾燥させることができます。

玉ねぎの適切な保管方法と乾燥手順

玉ねぎを吊るす際は、通風が良く、直射日光の当たらない日陰の場所を選びます。雨に濡れないよう、屋根のある場所での保管が理想的です。

乾燥に関しては、玉ねぎを約2〜3週間吊るし状態で保つことで、葉の部分が完全に乾燥してパリパリになるまで待ちます。

乾燥後は、玉ねぎを新聞紙で一つずつ包み、風通しの良い場所に保管することで、数ヶ月間の長期保存が可能です。

玉ねぎの収穫と楽しい保存 春は玉ねぎの収穫に適した季節です。プランターでの栽培も可能で、葉が倒れて土の表面から玉が見えたら、それが収穫のサインです。自宅で育てた新鮮な玉ねぎは味が違います。天日での干し方を試してみると、保存性が向上し、より長く保存できますよ。

まとめ

以上が、家庭での玉ねぎ栽培から収穫、そして長期保存に至るまでのガイドです。玉ねぎの収穫時期の見極め方から、収穫後の保存技術まで、正しい方法を理解し実践することで、収穫物の質と保存期間を最大限に高めることができます。ぜひこの情報を活用して、家庭菜園での成果を楽しんでください。新鮮な玉ねぎで、料理の幅がぐんと広がるはずです。

Sponsored Link
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次