駐車場を貸して自宅の土地を活用する方法!費用やメリットデメリットとは?

自宅の土地を活用して駐車場経営をしたいと考えている場合の方法について調べてみました。駐車場経営する際に必要な費用やメリット、デメリットについても書いています。特に、最近話題となっているakippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)についても比較していますので参考にしてみてください。

空いてる土地があるなら、もったいないので活用しましょう〜!
費用0円で、管理してもらえるシステムがあるので、活用しないのはもったいないですよ。

目次

駐車場を貸して自宅の土地を活用する方法

広大な敷地があって、立地条件も良いのであれば、一般的な駐車場経営でもOKだとは思いますが、それでも駐車場にするには、其れ相応の費用や設備も必要となってきます。しかし、自宅の土地といっても、車1台ぐらいのスペースを活用するには費用をかけるリスクは、ちょっと避けたいところです。

①通常の駐車場経営の場合

まずは、土地を所有していることが必要です。月極駐車場にしたり、コインパーキングにすることもできますが、其れ相応の準備(設備投資、資金など)が必要となります。

②akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)の場合

最近話題のakippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)の場合、車を駐めることができる土地があれば、設備投資0円で始めることが可能となっています。一応、駐車場として利用できる場合に限りますが、普通に自宅の駐車場としてい使っている場合なら、基本的に大丈夫です。しかも、スマホからでも申し込みが完了できる手軽さです。

\ akippaの公式ページ /

Sponsored Link

駐車場を貸して自宅の土地を活用するための費用

①通常の駐車場経営の費用

駐車場の舗装工事、車止め工事、防犯カメラ設置、駐車区画の割り振り、看板設置、夜間の照明設置、駐車機材の設置(自己経営でのコインパーキングの場合)などなどが考えらます。営業時間内であれば、管理する人が必要な場合もあります。

これらをざっと見積もっても、乗用車5台分程度で、最低でも100万円はかかってしまいます。
ただし、コインパーキングを運営する会社に完全委託する場合には、初期費用については0円に抑えることができます。

②akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)の費用

すでに、自分の車を駐車できる環境にあれば、舗装しなくてもOKなので、十分な広さがあれば、1台分の広さからでも設置費用0円(無料)で駐車場として利用できるようになります!

もちろん、特別な料金回収機器も必要ありません(全てネットでの事前手続きのため)。

管理についても、akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)の運営会社が基本的に全てやってくれますので、ほんと、何もしなくてOKです。利用するお客さんとも、特に挨拶したりする必要も全くありません。ほとんどありませんが、何かトラブルになった場合についても運営会社が保険対応できるようにもなっています。

\ akippaの公式ページ /

駐車場を貸して自宅の土地を活用するためのメリット

①通常の駐車場経営のメリット

アパート経営など建物を建てるのに比べると、設備工事に要する時間も短く、費用は安価です。先々の話になりますが、駐車場をアスファルトできれいに舗装している場合に関しては、相続する際に相続税の評価額が減税される場合もあります。また、駐車場を売却する場合は、きれいに舗装されているため住宅地用としても売却しやすいというメリットがあります。

②akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)のメリット

akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)の場合、運営管理する必要はほとんどありませんので、基本的にほったらかしに近い状態で収益が発生します。駐車場として提供する場所についても、曜日や時間を指定することも簡単にできますので、自家用車を駐車しない時間帯に限って駐車場として活用することができます。

\ akippaの公式ページ /

駐車場を貸して自宅の土地を活用するためのデメリット

①通常の駐車場経営のデメリット

自宅の建物をなくして、駐車場にした場合、基本的に固定資産税は高くなります。予想以上に高くなる場合がありますので、コインパーキングなどで運営会社に一括委託するような場合は、収入と支出のバランスを事前にしっかりとシミュレーションしてから駐車場委託を行う必要があります。運営費用をかけても、赤字になってしまうリスクもあります。途中で駐車場経営をやめたとしても初期費用に関しては支払う必要がありますので…。

②akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)のデメリット

akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)のデメリットもあります。初期投資ゼロ円で、基本的に何もしなくても運営会社がきちんと管理してくれますので収益が発生するんですが、デメリットとしては、運営手数料がかかるという点です。akippa(あきっぱ)の場合は、収益の53.7%、特Pについても30%が運営費として持っていかれます。しかし、元々は何もしなければ収益が発生していない空き地ですので、それでも収益が自動的に発生すると考えると、ありがたいことだと思います。

他にも、もし、他の車が駐車してあったりして、駐車場を予約したお客さんが駐車できない場合は違約金(akippaで2000円程度)がオーナー側に発生します。これは、デメリットというよりは、注意事項に近いと思います。駐車場として日時を指定して解放している場所なので、普通に解放していれば起こり得ないことです。特Pの会員規約では、登録駐車場不正利用ペナルティ料金として20,000円などが規定されています(調査時)。

\ akippaの公式ページ /

まとめ

ガッツリ駐車場経営に取り組みたい場合は、コインパーキングなどを完全委託する形を取ると、初期費用を抑えられ、将来的に、もし、駐車場を売却することになっても、きれいに舗装されているため住宅地用としても売却しやすいというメリットがあります。

個人宅の限られたスペースを時々、空いている時間帯で駐車場として貸し出したい場合には、akippa(あきっぱ)や特P(とくぴー)といった駐車場管理をしてくれるところを利用すれば、費用がかからず比較的簡単に収益化することが可能。この場合、その場所を舗装したり、機材を設置したりすることは必要ないこともメリットの一つ。簡単にいうと、知人に「ここ、明日の何時から何時までは、車を駐車してもいいですよ。こちらは、仕事に行ってる時間なので…」こんな感じです。

\ akippaの公式ページ /

関連記事

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次