やんごとなき一族の意味とは?対義語(庶民)と土屋太鳳との関係も調査!

Sponsored Link



土屋太鳳さん主演のドラマ「やんごとなき一族」の意味について気になったので調べてみました。また、「やんごとなき」の反対語(対義語)についても気になったので調べています。もちろん古語としての対義語ですが、ドラマでは土屋太鳳さんなどが使われている反対語としては「庶民」という言葉になりそうです。ちなみにドラマの原作漫画は、講談社の「Kiss」に連載の「こやまゆかり」さんの作品です。

目次

やんごとなき一族の意味

「やんごとなき」の意味

「止ん事無い(やんごとない)」の形容詞(の連体形)が「止ん事無き」です。もともとは、「止む事なし」から来ているとのことですが、「打ち捨てておけないこと、事情」から来ている言葉です。「止む事」とは、「決まっている物事」を意味しますが、それが「無い」という言葉と合わさって「打ち捨てておけないこと」という意味になっているということです。ちょっと分かりにくいかもしれませんが結局、どういう意味かと言うと、「そのままにできないぐらい高貴な」という意味になります。

「やんごとなき」の例

やむを得ない理由とか特別な事情ということで、「やんごとなき事情」というような表現で使われることがあります。また、同じような意味ですが、「やんごとなき理由」という表現でどうにもできない特別な理由としても使われます。今回の土屋太鳳さんのドラマでも使われているような意味として「やんごとなきお方」という表現で、かなり身分の高い高貴な人を表現する時に使われます。

Sponsored Link

「やんごとなき」がドラマに使われた理由

「やんごとなき一族」とは

ドラマ「やんごとなき一族」の意味としては、もちろん高貴な一族という意味もありますが、「やんごとなき」と言う言葉の持つ他の意味も含まれていることも重要だと考えられます。高貴な一族というだけでなく、「どうにもできない」という意味が、このドラマのタイトルに隠された意味だと思います。魑魅魍魎が蠢く上流階級という表現もされているぐらいですので、一般庶民の感覚と比較して全く異なる(理解できないような)上流階級それも超上流階級と言って良い「やんごとなき一族」の暮らしぶりなどが赤裸々に紹介されながら、土屋太鳳さん演じる一般庶民代表の新妻がどのように翻弄され、それを乗り越えていくのかのシンデレラストーリーとなっています。「やんごとなき一族」VS「庶民代表 土屋太鳳」という感じだと思います〜!

「やんごとなき」の対義語

「やんごとなき一族」の対義語(反対語)

「下賤(げせん)」という言葉や、「賤しい、卑しい(いやしい)」という言葉が「やんごとない」の反対語ですので、「やんごとなき一族」の対義語としては、「下賤な一族」となりそうです^^;
なんだかタイトルにすると、庶民以下のイメージとなりそうですね。普通に考えるとそんな感じなんですが、ドラマの中では土屋太鳳さんはまさしく、そのような扱いをされています。「ここは庶民がのこのこ入り込めるようなところじゃない・・」と言い放たれながら、頭から水をぶっかけられるシチュエーションもありますので・・。

対義語と土屋太鳳との関係

庶民代表の土屋太鳳

対義語としての「下賎(げせん)」は、高貴な人に対する言葉ですが、まさに庶民代表が「土屋太鳳」さんです。大衆食堂で母親と暮らしている娘さんですので、全く普通の庶民です。庶民というと何だか、ちょっと・・・なんですが、やはりこのドラマで使われている「やんごとなき」という言葉に対しては、この「庶民」という言葉がキーワードとなりそうでです。

土屋太鳳さんの関連記事

ダンスもすごい(金スマで)

土屋太鳳さんといえば、金スマ社交ダンスが思い出されます。ドラマの土屋太鳳さんも素晴らしいですが、ダンスの技術も素晴らしいですね。

やんごとなき一族(原作漫画)

電子書籍の場合

電子書籍で読むこともできます。

電子書籍で読みたい場合には、イーブックジャパンがおすすめです。(公式ページは下から行けます〜!)

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

セットで一気に読みたい場合

Amazon や楽天ヤフーショッピングなどで購入することができます。

Sponsored Link

アドセンス広告(ブログ収入)に興味のある方へ

私がいつも読んでいるメルマガの一つが、香恋さんのメルマガ!
とっても参考になるメルマガ(もちろん無料)です。
アドセンス広告(ブログ広告収入)に興味のある方にとっては、とっても有益な情報だと思います。
メルマガ登録すると、そのノウハウを具体的に解説したレポートがもらえますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次